へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【バンコクモーターショー11】ノウハウ陳列に興風味津々

今年のバンコクモーターショーを見ていると、ノウハウ陳列がずいぶん増えたと感じる。

ホンダは『ブリオ』の、トヨタは『プリウス』のカットボディを陳列し、昼間の時間産は『マーチ』のホワイトボディを陳列していた。また、トヨタはプリウスのバッテリーの進化をディスプレイ。そのほか、フォードはエンジンやトランスミッションを陳列していた。

[写真4点]

意世間なのは、タイの人々がノウハウ陳列を興風味深く見ていること。ともかく自分でやらないと気がすまない(見ないと気がすまない)のがタイの大衆性だ。





スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

東京株式前引け続報:決算公表前に方角感に欠ける展開に

 11昼間の場合間の東京株式マーケットは3昼間の場合間ぶりに反落した。前引けの昼間の場合間経平均株価は前週末比32.01円安の9736.07円。TOPIX(東証株価指数)も反落した。朝方は昼間の場合間経平均、TOPIXともに米株安にひっぱられる形で下落して始まった。その後、ともに一場合プラス圏に浮上する場面があったが、前週末の海世間マーケットから始まった円安が一息したことで株価の上値を抑えられた。決算公表を前に方角感に欠ける展開となっている。東証1部の出来高は10億7652万株、売買代金は6102億円となった。

 ドル?円は朝方の85円15銭から84円63銭まで、ユーロ?円は123円33銭から122円35銭まで円高方角に振れる場面があった。前週末の海世間マーケットでユーロ?円はECB(欧州中央銀行)の追加利上げの観測から一場合123円09銭と、昨年5月以来約11カ月ぶりの円安値となっていた。現地8昼間の場合間のNYダウ工業株30類平均は前昼間の場合間比29.44ドル安。原油先物WTIが1バレル=112ドル台に上昇し約2年半ぶりの高値を付けたことから景気鈍化心配が台鶏冠した。

 寄り付きの世間資系の要求状況は6昼間の場合間連続の売り越し。売り1750万株に対し買い1600万株と差し引き150万株の売り越し。無料、金額ベースでは売り256億円に対し買い268億円と差し引き12億円の買い越しだった。バスケット取引は売り100億円に対し売り120億円。

 株価指数こそ反落したものの。東証1部の値上がり銘柄数は965と値下がり銘柄数546を上回った。値上がり銘柄数は一場合は1000を上回る場面もあった。

 東電 <9501> が前週末のス第一面高の余勢を駆って一段高に買われ、東芝 <6502> 、ファナック <6954> 、三井物産 <8031> などが個別に物色された。古河機金 <5715> 、不動テトラ <1813> など復興関連株も物色された。

 半面、トヨタ <7203> 、ホンダ <7267> 、昼間の場合間産 <7201> が下げ、ソニー <6758> 、キヤノン <7751> 、シャープ <6753> が軟調展開となった。ファーストリテイリング <9983> も安い。(編集担当:佐藤弘)


テーマ :
ジャンル : 車・バイク

昼間の時間経平均は反落、生産回復の遅れ心配で自動車株安い

 [東京 11昼間の場合間 ロイター] 前場の東京株式マーケットで昼間の場合間経平均は反落した。8昼間の場合間の米国株が続落した流れを浴びたほか、前週末に上昇した反動もあり売りが先行した。

 一方、値ごろ感などが下拠り所要因とされ、下値も限定された。東京電力<9501.T>の大幅続伸がマーケット心情の良くにつながったと指摘されている。無料、決算公表の本格化を前に動向づらいといい、小幅安のレべルで方角感に少ない展開となった。業類別では生産回復の遅れに対する心配の強まりから自動車株の下げが目立ち上がる。

 東証1部騰落数は、値上がり965銘柄に対し値下がり546銘柄、変わらずが167銘柄だった。東証1部売買代金は6102億円。

 8昼間の場合間の米国株式マーケットが原油値段の上昇を浴びたインフレにより景気回復が阻害されるとの心配から続落。東京マーケットでは米株安に加え、前週末に上昇した反動から売りが先行した。一方、値ごろ感などが下拠り所するといい、朝方の売り一巡後は小幅安のレべルでもみ合い。マーケットでは「国内的に良い素材がないほか、米国株式の下落が許すかがポイントとなり方角感が出づらい」(みずほ証券エクイティ調査部?シニアテクニカルアナ書き出したの三浦豊氏)との声が出ていた。

 東京電力<9501.T>が前週末のス第一面高に続き、短期筋の買い戻しを中心に大幅続伸したことを好感し、昼間の場合間経平均は一場合プラス圏に浮上する場面があった。無料、全般的には取り引きが膨らまず、方角感は少ない。コスモ証券?投資情報部副部長の清水三津雄氏は「今後の景気や企業業績が厳格のは必至で株価は下落方角と見当されるが、全員が同じようにみているときは株価はなかなか下がらないものだ。決算公表までは動向にくい展開が許すかもしれない」と指摘していた。

 セクター別では自動車株が軟調だった。東証33業類別株価指数では輸送用機器が下落率第一面。シティーグループ証券が8昼間の場合間付の報告書で「生産回復の遅れはまだ十分に織り込まれていない」とし、自動車セクターの投資スタンスを「買い」から「売り」に引き下げたことが嫌気された。投資評価を引き下げられたトヨタ自動車<7203>、ホンダ<7267>、昼間の場合間産自動車<7201>などが軒普通み売られた。

 個別銘柄では、スルガ銀行<8358>が3昼間の場合間ぶりに大幅反落した。8昼間の場合間、取引先である丸和商事(静岡県掛川市)が8昼間の場合間付で民事再生手続き開始の申し立てを行ったことに伴い、同社に対する債権について取立不能または取立遅延のおそれが生じたと公表。債権は貸出金243億9900万円。うち担保等により保全されていない回収不能見込額169億円については2011年3月期決算で引き当て処理を行うとしており、業績への影響が心配された。

 (ロイターニュース 杉山容俊)


テーマ :
ジャンル : 車・バイク

東京株式マーケット?前場=反落、生産回復の遅れ心配で自動車株安い

昼間の場合間経平均

前場終値 9736.07 -32.01

寄り付き 9731.32

安値/高値 9712.38─9775.6

出来高(万株) 107652

 [東京 11昼間の場合間 ロイター] 前場の東京株式マーケットで昼間の場合間経平均は反落した。8昼間の場合間の米国株が続落した流れを浴びたほか、前週末に上昇した反動もあり売りが先行した。

 一方、値ごろ感などが下拠り所要因とされ、下値も限定された。東京電力<9501.T>の大幅続伸がマーケット心情の良くにつながったと指摘されている。無料、決算公表の本格化を前に動向づらいといい、小幅安のレべルで方角感に少ない展開となった。業類別では生産回復の遅れに対する心配の強まりから自動車株の下げが目立ち上がる。

 東証1部騰落数は、値上がり965銘柄に対し値下がり546銘柄、変わらずが167銘柄だった。東証1部売買代金は6102億円。

 8昼間の場合間の米国株式マーケットが原油値段の上昇を浴びたインフレにより景気回復が阻害されるとの心配から続落。東京マーケットでは米株安に加え、前週末に上昇した反動から売りが先行した。一方、値ごろ感などが下拠り所するといい、朝方の売り一巡後は小幅安のレべルでもみ合い。マーケットでは「国内的に良い素材がないほか、米国株式の下落が許すかがポイントとなり方角感が出づらい」(みずほ証券エクイティ調査部?シニアテクニカルアナ書き出したの三浦豊氏)との声が出ていた。

 東京電力<9501.T>が前週末のス第一面高に続き、短期筋の買い戻しを中心に大幅続伸したことを好感し、昼間の場合間経平均は一場合プラス圏に浮上する場面があった。無料、全般的には取り引きが膨らまず、方角感は少ない。コスモ証券?投資情報部副部長の清水三津雄氏は「今後の景気や企業業績が厳格のは必至で株価は下落方角と見当されるが、全員が同じようにみているときは株価はなかなか下がらないものだ。決算公表までは動向にくい展開が許すかもしれない」と指摘していた。

 セクター別では自動車株が軟調だった。東証33業類別株価指数では輸送用機器が下落率第一面。シティーグループ証券が8昼間の場合間付の報告書で「生産回復の遅れはまだ十分に織り込まれていない」とし、自動車セクターの投資スタンスを「買い」から「売り」に引き下げたことが嫌気された。投資評価を引き下げられたトヨタ自動車<7203.T>、ホンダ<7267.T>、昼間の場合間産自動車<7201.T>などが軒普通み売られた。

 個別銘柄では、スルガ銀行<8358.T>が3昼間の場合間ぶりに大幅反落した。8昼間の場合間、取引先である丸和商事(静岡県掛川市)が8昼間の場合間付で民事再生手続き開始の申し立てを行ったことに伴い、同社に対する債権について取立不能または取立遅延のおそれが生じたと公表。債権は貸出金243億9900万円。うち担保等により保全されていない回収不能見込額169億円については2011年3月期決算で引き当て処理を行うとしており、業績への影響が心配された。

 (ロイターニュース 杉山容俊)


テーマ :
ジャンル : 車・バイク

昼間の時間産自、EV「リーフ」の持ち主から不具合発生の報告

[東京 11昼間の時間 ロイター] 昼間の時間産自動車<7201.T>は11昼間の時間、電気自動車(EV)「リーフ」について、昼間の時間米の複数の持ち主から運転を停止した車が再始動できなくなったとの報告があったことを明らかにした。広報担当者は「走行中に突然ストップするといった現象ではない。詳しい元での特定を大至急おり、元でが分かり次第、至見る間に対応する」としている。

 持ち主からの報告によると、車を停止して電源を切ると、電源が入らなくなって再始動できなくなったという。


テーマ :
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

localcar, local car, national car

Author:localcar, local car, national car
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。